アナトミック骨盤ヨガ®

体の仕組みを理解して動く!

体は骨と筋肉でできています。骨のつなぎ目は関節です。前屈は、股関節を使って体を折り畳むポーズです。

こんな風に、ひとつひとつ仕組みを理解しながら、解剖学的(アナトミック)に正しい使い方をしてあげると、体への効果がとても早いです。

アナトミック骨盤ヨガは、股関節と骨盤周りの筋肉に特化した『体幹系・引き締めヨガ』

股関節の可動域を増え、股関節をまたぐ大きな血管の血流が良くなることで、冷えやむくみにも効果があります。

骨盤を支える筋肉は20ともいわれていますが、特に大きな筋肉を意識して、下半身・背中・お腹まわりを鍛えていきます。

ゆっくりじっくり動く!

どんな動作もただ速くやろうとすると、雑な動きになりがち。
 

関節や筋肉の繊細な動きを感じる為には、とにかく丁寧に!
 

アナ骨のレッスンでは、ウォーミングアップのスクワットでも、ゆっくりじっくり動きます。
 

そうする事で、関節に負担をかけずに「体の内側から熱を産んでいく」流れになっています。

姿勢の改善

体重や見た目の美しさではなく、使いこなせるカラダが美しいのだと思っています。
 

「立つ」動作は、何も意識せずにもできます。でもホームで電車待ちの時の立ち姿に自信はありますか?
 

ヨガで全身を使って練習を続けていくと、頑張った分だけ体は応えて変わってくれます。立ち姿の姿勢を褒められるような、ただ細いだけではなく、「背筋が伸びた、強くしなやかな体」を手に入れましょう。