こんにちは。品川区・武蔵小山のヨガスタジオASTIの絵里です。

私はスキーが好きすぎて、インストラクター資格もあります。20代後半の頃は、スキー板を定宿に預けておいて、フライトから家に帰らずにそのままスキーに行った事もあるし、雪が無くて暇な夏は、来シーズンの為にジムで下半身筋トレをしてました。今はシーズンに1・2回で、完全に趣味ですが、やっぱりまだまだ上手くなりたいです。

そのスポーツだけの練習がなかなかできない場合、根本の「体の使い方の精度」を上げる事がその代わりになると思います。

長友選手がヨガを取り入れている事でヨガに興味を持ち、運動不足解消も兼ねてスタジオにお越しになっている男性生徒さん。

ツイストポーズを深めるのに、肩甲骨と腹斜筋の使い方を練習した回で、「先生、今日のはゴルフのスイングにも使えそうです!」と言われました。

深部感覚というのは、目をつぶっていても思うように体を動かせる機能ですが、様々な体勢(ポーズ)を取る中で、この感覚が研ぎ澄まされていけば、スポーツパフォーマンスも上がって、より楽しめるはず。

学生の部活のようにたっぷり時間が取れない社会人には、こういうやり方が合っているように思います。

まだまだヨガスタジオは「怪しい」「難しそう」だと思われがちですが、大人の体育の授業だと思って参加をしてもらえると嬉しいです。

レッスンのお申込みはこちらからどうぞ。

 

 

 

Follow me!