品川区・武蔵小山のヨガスタジオ、ASTIの絵里です。

スタジオには鏡を置いていません。例えばバレエやダンススタジオでは鏡で動きを確認する必要がありますが、それはもともとの目的が「誰かに見せる」為だから。アーサナは誰かに見せるものでは無く、体の動きを通して自分を観察するものなのです。

そんな理由をレッスン時にはお話していますが、最初はびっくりするみたいですね。

…………………………

 

ASTIは私にとって初めてのヨガ専門スタジオです。

最初に体験レッスンに来た時に骨の模型があるのにもちょっとびっくりしましたが、それよりも驚いたのは、鏡がないことでした。理由は説明していただきましたが、正直どうやってやるんだろうと戸惑ったことを覚えています。ですが、今はそんなスタジオがとても快適です。

レッスンでは、体のどの部分をどのように使うのか細かく説明していただけます。わからなそうな顔をしていたり、やってみたけどうまく動かせない時は別の言葉でわかるように説明していただけます。絵里さんが参加者ひとりひとりに目を配って個々にアドバイスしてくださるのと、鏡がないので周囲や自分の姿が目に入らないので、グループレッスンなのに周囲を気にせず、不思議なほど自分の体を動かすことだけに集中できます。また見よう見まねで何となくやっているのとは違って、できたこと、できなかったこと、できなかったところはどうしていけばいいかを理解してレッスンを終えることができます。鏡で自分の姿は見られませんが、体を正しく動かせるようになれば自然とポーズも取れるようになるのではと考えるようになりました。実際に良い変化があった時は絵里さんが教えてくださるので、達成感もちゃんと感じられますよ。

ここでは一つの「あるべき型」や「目指すべき姿」を強制されません。今日、今の私の状態やペースを時に本人以上に尊重してくださるので、ありのままの自分の心身を受け入れ、向き合える時間を持つことができます。もちろん「これができるようになりたい」と思えばそれについて応援もしてくださいます。そういったことも私にとっては心地よさにつながっていると思います。

ーーーーーー

敬子

 

Follow me!